アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

返信する

CAPTCHA 認証コード
表示されたコードを正確に入力してください。各文字は大文字・小文字の区別があります。

BBCode: OFF
スマイリー: OFF
トピックのレビュー
   

ファイルを添付します

展開ビュー トピックのレビュー: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by ゆっくりドミニク » 2017年3月11日(土) 19:18

実質HPが1になる(少しでもダメージを受けると即死)コマンドとストラクチャ
まず最初に下の「1hp」をDLし、中身をセーブデータのファイルの「structures」にブチ込む。
次に
コード: 全て選択
/scoreboard objectives add Damage stat.damageTaken Damage

コード: 全て選択
/scoreboard objectives add Kill dummy Kill

の2つをチャット欄に打ち込み、
ストラクチャーブロックで先程の「1hp」を展開。
これで完成です。
※注意
元のHPでも即死のダメージを受けたとき、ダメージにより死に、更にリスポーンしたところでもう一回死にます。
添付ファイル
1hp.zip
(1.2 KiB) ダウンロード数: 3 回

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by 栗須と! » 2015年12月25日(金) 20:30

<作ったワールドを飾り付ける>
海外の配布ワーリドでこんなのを見たことはありませんか
スクリーンショット 2015-12-25 20.05.59.png
スクリーンショット 2015-12-25 20.05.59.png (11.77 KiB) 表示数: 5047 回
こんな見た目をしていますがモブヘッド(頭ブロック)です
でもこれはクリエイティブのインベントリにある訳でもなく コマンド(MHF_)の種類の中にある訳でもありません
当然カスタムヘッドなんですが 自分だと作るのが面倒という理由で最初から作製することはありませんでした。
探してみたら有志の方が作製したモブヘッドを使えるサイトが在ったので紹介しておきます

http://heads.freshcoal.comここのページには様々な場合に使えるもモブヘッドがあり
アイコンを左クリックするだけでそのヘッドを入手するコマンドがクリップボードにコピーされ
あとはゲーム内でコマブロにペーストするのみになります
スクリーンショット 2015-12-25 20.01.15.png
↑生き物のヘッド
スクリーンショット 2015-12-25 20.28.21.png
内装外装に大活躍しそうなヘッド

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by 栗須と! » 2015年9月21日(月) 01:19

<自分が知っているコマンドで色文字を使う方法>
アイテムやMOBの名前を色文字にするのだ :wot:

:wot: 海外の配布マップでは先駆的にアイテムに色文字を使ったりなどの装飾が施されておりましたが、
それらが出始めた頃日本ではだいたいが「出来ない」の一点張りだったことだと思います。
理由は「§」がマイクラのゲーム内で入力できないことが大きい。
以前にも色文字を使用したアイテムを出すコマンドを実行する方法を書きましたが、
現在はそれ以外にも方法がいくつか存在するようなので知っている範囲で書いていきます。

:cak: ①サバーコンソールから打ち込む
以前書いたもの。私はマルチをやるときサーバーを建てる側なのでここから打ち込めば他に専用に開く必要がないので楽。
プレイヤーが実行するのとは違うため記入済みのコマブロを入手するように打ち込むなどするのが良い。欠点は、
一人でコツコツと作っている人、サーバーを建てない人には縁がない

:map: ②NBTExplorerで編集する
外部編集ツール。エンティティの名前をあとから色文字にしたりする。目的のエンティティを見つけるのに時間がかかったりするので、
PlayerDataからプレイヤーのインベントリに記入済みのコマブロを入れて召還するのが早い。(?)欠点というか編集内容をセーブするためには
マイクラのワールドを閉じておかなければいけない。あまりスピーディーとは言えない。
しかし色文字を使う以外にもワールドのチートON/OFFを後から切り替える手段としてあって損はない。

:sig: ③日本語化MOD、ツールを使う。↑上の方が仰っていること。
チャットなどに日本語を使用できるMOD「IntelInput」を使ってみる。日本語が入力できればあとは「せくしょん」を変換。
MODを入れることが出来れば1番手軽とも言えそうな方法。
Forgeの対応バージョンに縛られるため、1.8.◯などのバージョンでは使用できない。(9/21現在)
(1.8.3以降でないとRotationタグの不具合が修正されていないので1.8の段階でしか使用できないのは痛い)

:cki: ④「ハルの総合コマンドエディタ」を使ってみる。
§つきのコマンドをこのツールを使って変換する方法です。
ookiikuma さんが書きました:
mizuyu(^^) さんが書きました:文字色を変えたアイテムをコマンドから出すことは出来ますか?

普通にコマンドブロックにコピペするだけでは出来ません。
しかし、下記の方法を使えば出来ます。
??なハル様のソフトを使う方法
①コマンドを「§」を使って作ります。
(例)/give @p stone 1 0 {display:{Name:§6テスト}}
②??なハル様製作の「ハルの総合コマンドエディタ」の最新版を開く
③追加→「コマンド変換を追加」をクリック
④左側を一番下までスクロール→「コマンドをカラーコード(以下略」に①のコマンドをコピペ
⑤生成ボタンを押して出来たコマンドをマイクラで実行
だそうだ(私はMACユーザーなので使わない。)

これらの中から相性の良いものを使えばといいと思います。 :wot:
(MCEditでもNBTの編集項目があるけど分からんから書かない)

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by 顔死んでます » 2015年9月17日(木) 07:08

一応IntelInputでもできますよ
日本語で「せくしょん」とうつと「§」になるのでやってみるといいと思います

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by 栗須と! » 2015年9月16日(水) 12:12

<アイテム説明文Loreの改行>

凝ったアイテムを作るとなると、その説明文も長くなるもの。
そうやって書き連ねていった場合 実際にgiveコマンドで出してみると文章がが見切れてしまいますよね。
そんなLoreを改行する書き方は、
コード: 全て選択
/give @p minecraft:アイテムID 1 0 {display:{Name:"名前",Lore:[0:"文章",1:"文章2",2:"文章3",3:"文章4",4:"文章5"]}}
というように書きます。
例として↓
コード: 全て選択
/give @p minecraft:stick 1 0 {display:{Name:"ホームランバット",Lore:[0:"かの有名な野球選手が年間に",1:"ホームランを1000本打ったとされるバット。",2:"そのためか、たとえ素人が打った場合でも",3:"このバットを使えば場外ホームランが可能になる。",4:"打つ対象はボールである必要はない."]},ench:[{id:19,lvl:1000}]}

外部ツール(NBTExplolerなどで色文字装飾しても良いでしょう)
添付ファイル
2015-09-16_12.09.40.png

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by 顔死んでます » 2015年9月02日(水) 18:05

適当に作っていたら面白いものができました。

コマンドは下図のとおり
2015-09-01_19.37.42.png
ちょっと最速クロックわかりづらいかも

そして、3と書いてあるコマブロには、
コード: 全て選択
/execute @e[type=Snowball] ~ ~ ~ /summon Creeper ~0 ~1 ~0 {ignited:1b,ExplosionRadius:8b,Fuse:30s}

このコマンドをCtrl+vで貼り付けたら完成。
あと雪球投げるだけです
2015-09-01_19.28.28.png
完成!!

デメリットがあります。
・雪球すべてにこの効果がつく。
・遠くに投げると重くなるかも

ぜひやってみてください。

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by 栗須と! » 2015年8月24日(月) 19:42

《生まれてからこんにちはv(・∀・*)》

前の続きです。
コード: 全て選択
/give @p minecraft:spawn_egg 1 0 {EntityTag:{id:Villager,Profession:0,Offers:{Recipes:[{rewardExp:0b,maxUses:2147483647,uses:0,buy:{id:emerald_ore,Count:1},sell:{id:diamond_ore,Count:1}}]}}}

と打てば、「エメラルドの鉱石をダイアの鉱石に変えてくれる村人」が生まれるSpawneggを出せます。
つまりお好みの取引内容の村人がSpawnEggで出せる。
装備が反映されないと言っていたのは、1.9からEquipmentに代わるArmorItemsとHandItemsを使用するからなんですねヾ(・∀・`*)
Ridingが反映されないのは1つの卵から複数のMobが出てくるのは可笑しいからなのかな…

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by 栗須と! » 2015年8月24日(月) 16:32

おや?꒰⌯͒•·̫•⌯͒꒱ 「 ! 」失礼しました。直しておきます。

看板でClickEventを実行を設置するにもチート権限が
必要になってしまったからには、
SkyBlockなどではそれに代わり新たな可能性を持つの
がCustomEggでしょう。
(やってはいませんが、SpawnEggから生まれるモブを既に懐き状態でスポーンさせたり馬をスケルトン馬にしたりも
タグを書けば出来ますよね。)
打ち上げモブですが目にも留まらぬ早さで空の彼方へ一直線ですよこれ(゚д゚|||)
SawnEggでRidingタグが書けたらクジ看板に代わりサプライズエッグが出来るのになv(・∀・*)

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by ookiikuma » 2015年8月24日(月) 14:14

栗須と! さんが書きました:《カスタムスポーンエッグの時代がはじまる》

minecraft1.9からはスポーンエッグにEntityTagが使用することができ、
エッグから生まれてくるMobはタグ付けができるようになりました。
スポーンエッグを入手するときは以前のようにダメージ値でMobを指定するのではなくEntityTagで設定します。

コード: 全て選択
/give @p minecraft:spawn_egg 1 0 {display:{Name:虹色羊の卵},EntityTag:{id:Sheep,CustomName:"jeb_",CustomNameVisible:1,Color:14,Age:-32767}}


このように打てばエッグから生まれてくる羊は一様に名前が「jeb_」となります。ついでに子供にしてみた
以前だったら卵に付けた名前が生まれてくるMobの名前でしたね。
15w34dの時点ではモブを積み重ねたり、装備を着せたりするタグは反映されないのか書き方が違うのかは分かりませんが
スポーンエッグで出来ることが増えたので配布マップを作るときに活用できそうですね。

ダメージ値が全角の0になってますよ
あとMotionを使うと打ち上げMOBができます。楽しい
コード: 全て選択
/give @p spawn_egg 1 0 {EntityTag:{id:Creeper,Motion:[0d,5d,0d]}}

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by 栗須と! » 2015年8月23日(日) 23:48

《カスタムスポーンエッグの時代がはじまる》

minecraft1.9からはスポーンエッグにEntityTagが使用することができ、
エッグから生まれてくるMobはタグ付けができるようになりました。
スポーンエッグを入手するときは以前のようにダメージ値でMobを指定するのではなくEntityTagで設定します。

コード: 全て選択
/give @p minecraft:spawn_egg 1 0 {display:{Name:虹色羊の卵},EntityTag:{id:Sheep,CustomName:"jeb_",CustomNameVisible:1,Color:14,Age:-32767}}


このように打てばエッグから生まれてくる羊は一様に名前が「jeb_」となります。ついでに子供にしてみた
以前だったら卵に付けた名前が生まれてくるMobの名前でしたね。
15w34dの時点ではモブを積み重ねたり、装備を着せたりするタグは反映されないのか書き方が違うのかは分かりませんが
スポーンエッグで出来ることが増えたので配布マップを作るときに活用できそうですね。

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by 栗須と! » 2015年8月08日(土) 10:40

《低重力をマイクラの世界で!》

1.9で追加されたlevitationのステータスを付与するコマンドを書きましたが、
強度の部分に 254 を指定すると「ゆっくりと降下」するようになり、
255 を指定すると、「その高さで上昇も降下もしなくなる」ようです。すでにこれを利用した配布ワールドがありますね。早い!!

コード: 全て選択
/effect @p minecraft:levitation 100 254

↑「ゆっくりと降下」
コード: 全て選択
/effect @p minecraft:levitation 100 255

↑その高さで留まるようです。水平方向の移動はできる。

もう1つ1.9で追加されたEffectがありますね。
新たに追加された「SpectacleArrows」の当たったときの効果でもある「glowing」です。

コード: 全て選択
/effect @p minecraft:glowing 100 1

このステータスが掛かったプレイヤーは光り輝きます
PVPででこのステータスが掛かった相手の位置が判るほか
今まで周りのプレイヤーには、ポーションを飲んだときの「もやもや」が有るくらいでしかステータスが付与されていることを確認できませんでしたが、
ポーションを飲んだ強化中このGlowingのステータスも同時に付与すれば、明らかに違う様子を演出することができます。スーパーサ◯ヤ人。
この内容は以下のページに載っていることです。

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by 栗須と! » 2015年8月07日(金) 23:49

《しゃがんだら何かが起こる》

Ver.1.9から(この記事を書いている8月7日現在は未だ15w32c)のコマンド関係の(の動画があがっていたのでそれ)を書きます。

配布ワールドを作るときに、
「プレイヤーの状態を検知して、イベントを起こす」というのをやりますよね?
今まで不思議に思った方も多いことでしょう「プレイヤーが(Shiftで)しゃがんでいる状態」を検知する方法がないことに。
Ver1.8の時点でスコアボードにstat.crouchOneCmというのがありますが、これはしゃがんで移動した距離なので、単に「しゃがんだだけ」のプレイヤーには
スコアが入りませんでした。
Ver1.9からは「しゃがんでいる時間」でスコアが入る条件ベース(Criteria Base)・「 stat.sneakTime 」が追加されましたので、
「しゃがんだ!」というアクションをもとにコマンドによるイベント発生ができるようになりました!

プレイヤーの「ジャンプする」「しゃがむ」の単純動作のアクションだけで何かが起きる・配布ワールドが出ることでしょう。
あと前の記事を書いた時点で気づいたのですがVer1.9からはポーションなどのエフェクトを指定するIDが数字じゃなくなったようですね.

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by 栗須と! » 2015年8月03日(月) 08:56

《1.9が来ましたので》

Minecraftの1.9(8/3の現在はsnapshot)がきましたし、そろそろ配布ワールドを作る人も1.9要素をすでに盛り込み始めているのかなぁ…と
snapshot現在で動く1.9のコマンドを載せておきます。試してみてね。※機能するのは15w31a以降のバージョンです。

コード: 全て選択
/effect <プレイヤー名> minecraft:levitation <秒数><強度>


 「浮遊」のステータが付く。とりあえず強度は1でよいかと思います。新Mobからの攻撃を受けると付与されまね。
上下方向の自由が効かないものの、水平方向には操作できるので使いようが大きい。

コード: 全て選択
/setblock ~ ~1 ~ end_gateway 0 replace {ExitPortal :{X:~,Y:~,Z:~}


エンダードラゴンを倒したときに、他のバイオームに移動するゲートとして出現するあれ。
それぞれX:,Y:,Z:のあとに移動先の座標を打ち込むとテレポートできるゲートが設置される。
(座標を入れなかった場合、現世では置物になります)

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by 栗須と! » 2015年8月01日(土) 21:36

《マッドサイエンティストか魔術師か》

SkyBlockではよくよく見かけるスタックされたポーションですが。
giveコマンドで64個指定しようものならすぐさまインベントリが埋め尽くされます。
「−1」アイテムのときと同じように、チェストを設置するとき個数を2以上を指定する、村人の取引に設定するとスタックされた状態で入手可能です。
ポーションに限らず通常スタックできないアイテムはこの方法で入手(村人の取引アイテムに64以上を指定すると、取引画面においてはその数で表示され、
取引時に64個に修正されます。詐欺である)
ポーションは通常スタック出来ないせいで、インベントリを圧迫するため、大量に持ち歩きたい場合は
「スタックされたポーション」は有り難いものになります。
また「−1」アイテムは、それとは逆の正の値をもつ同じアイテムとスタックすると数が相殺される特性を持っています。それが何だというんだ。

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by 栗須と! » 2015年8月01日(土) 01:43

《コマンドブックまとめ》
 
コマンドを実行できる本を作りました。Giveコマンドがすっごく長くなってます。
配布ワールドを作ろうと意気込んでる人たちにとってはこの本で実行できる内容は物足りなく感じるでしょう。
ゲームモード、ゲームルールのまとめ。コマンドでのみ入手、召還できるブロック・Mobを入れました。difficulty(難易度)の項目を入れ忘れました。
長過ぎるため隠します。では良い制作日和を :shp:

give commmandにスポナー(豚)を追加したものを作りました↓
gameruleのとこなんか色々間違ってたから修正

コード: 全て選択
give @p minecraft:written_book 1 0 {display:{Name:Command Book,Lore:[目次でページを選んでください。]},title:"",author:"",generation:0,pages:["{text:\"\n\",color:black,extra:[{text:\"《目次》\",color:black},{text:\"gmamode/Gamerule・2.3\n\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"ゲーモードやルールの変更\"},clickEvent:{action:'change_page',value:\"2\"}},{text:\"\n\",color:black},{text:\"GiveCommand・・・・・・4\n\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"クリエイティブのインベントリの無いアイテム\"},clickEvent:{action:'change_page',value:\"4\"}},{text:\"\n\",color:black},{text:\"SummonCommand・・・・・・5\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"データ上は存在します\"},clickEvent:{action:'change_page',value:\"5\"}}]}","{text:\"□gamemode <\",color:black,bold:false,extra:[{text:\"s\",color:dark_green,bold:true,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"survival mode!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamemode s\"}},{text:\"/\",color:black,bold:false},{text:\"c\",color:dark_blue,bold:true,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"creative mode!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamemode c\"}},{text:\"/\",color:black,bold:false},{text:\"a\",color:dark_red,bold:true,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"adventure mode!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamemode a\"}},{text:\"/\",color:black,bold:false},{text:\"sp\",color:dark_purple,bold:true,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"spectator mode!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamemode sp\"}},{text:\">\n\",color:black,bold:false},{text:\"□Kill\n\",color:dark_gray,bold:true,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Kill me!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/kill\"}},{text:\"□Time<\",color:black,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"おおまかな時間を選択できます。\"}},{text:\"Day\",color:aqua,bold:true,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Day Time!!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/time set day\"}},{text:\"/\",color:black,bold:false},{text:\"Twilight\",color:gold,bold:true,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Twilght Time!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/time set 12800\"}},{text:\"/\",color:black,bold:false},{text:\"Night\",color:dark_purple,bold:true,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Night Time!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/time set 20000\"}},{text:\">\n\",color:black,bold:false},{text:\"\n\",color:black,bold:false},{text:\"□Gamerule\n\",color:black,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"ゲームルールをtrueかfalseで選択します。\"}},{text:\"commandBlockOutput<\",color:black,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"コマンドブロックの実行ログを表示します。デフォルトはtrue\"}},{text:\"true\",color:aqua,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule commndBlockOutput true\"}},{text:\"/\",color:black,bold:false},{text:\"false\",color:red,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule commandBlockOutput false\"}},{text:\">\n\",color:black,bold:false},{text:\"doFireTick<\",color:black,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"炎が燃え広がるかどうか。デフォルトはtrue\"}},{text:\"true\",color:aqua,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule doFireTick true\"}},{text:\"/\",color:black,bold:false},{text:\"false\",color:red,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule doFireTick false\"}},{text:\">\n\",color:black,bold:false},{text:\"doMobLoot<\",color:black,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Mobがアイテムをドロップするかどうかデフォルトはtrue\"}},{text:\"true\",color:aqua,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule doMobLoot true\"}},{text:\"/\",color:black,bold:false},{text:\"false\",color:red,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule doMobLoot false\"}},{text:\">\n\",color:black,bold:false},{text:\"doMobSpawning<\",color:black,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Mobがスポーンするかです言わずもがな\"}},{text:\"true\",color:aqua,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule doMobSpawning true\"}},{text:\"/\",color:black,bold:false},{text:\"false\",color:red,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule doMobSpawning false\"}},{text:\">\n\",color:black,bold:false},{text:\"doTileDrop<\",color:black,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"ブロック破壊時にドロップするか。デフォルトはもちろん\"}},{text:\"true\",color:aqua,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule doTiledrop true\"}},{text:\"/\",color:black,bold:false},{text:\"false\",color:red,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule doTileDrop false\"}},{text:\">\n\",color:black,bold:false},{text:\"doEntityDrop<\",color:black,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"エンティティ破壊時にドロップするか。します\"}},{text:\"true\",color:aqua,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule doEntityDrop true\"}},{text:\"/\",color:black,bold:false},{text:\"false\",color:red,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule doEntityDrop false\"}},{text:\">\n\",color:black,bold:false},{text:\"keepInventory\",color:black,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"死亡時にアイテムインベントリや経験値を保持する\"}},{text:\"true\",color:aqua,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule keepInventory true\"}},{text:\"/\",color:black,bold:false},{text:\"false\",color:red,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule keepInventory false\"}},{text:\">\n\",color:black,bold:false},{text:\"mobGriefing<\",color:black,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Mobによるブロックの破壊やMobがアイテムを拾うか。\"}},{text:\"true\",color:aqua,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule mobGriefing true\"}},{text:\"/\",color:black,bold:false},{text:\"false\",color:red,bold:false,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule mobGriefing false\"}},{text:\">\",color:black,bold:false}]}","{text:\"\n\",color:black,extra:[{text:\"naturalRegeneration<\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"満腹度が充分にあるとき自然回復する。\"}},{text:\"true\",color:aqua,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule natural regeneration true\"}},{text:\"/\",color:black},{text:\"false\",color:red,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule naturalRegenaration false\"}},{text:\">\n\",color:black},{text:\"doDaylightCycle<\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"昼夜の時間が経過する\"}},{text:\"true\",color:aqua,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule doDaylighCycle true\"}},{text:\"/\",color:black},{text:\"false\",color:red,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule doDaylighCycle false\"}},{text:\">\n\",color:black},{text:\"logAdminCommands<\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"サーバーコンソールに監理ログを表示する\"}},{text:\"true\",color:aqua,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule logAdminCommands true\"}},{text:\"/\",color:black},{text:\"false\",color:red,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule logAdminCommands false\"}},{text:\">\n\",color:black},{text:\"reducedDebugInfo<\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"F3キーによるデバッグ情報を省略する\"}},{text:\"true\",color:aqua,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule reducedDebugInfo true\"}},{text:\"/\",color:black},{text:\"false\",color:red,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule reducedDebugInfo false\"}},{text:\">\n\",color:black},{text:\"sendCommandFeedback<\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"プレイヤーの実行したコマンドのログを表示する。\"}},{text:\"true\",color:aqua,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule sendCommandFeedback true\"}},{text:\"/\",color:black},{text:\"false\",color:red,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule sendCommandFeedback false\"}},{text:\">\n\",color:black},{text:\"showDeathMessages<\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"プレイヤー死亡ログ表示する。\"}},{text:\"true\",color:aqua,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule showDeathMessages true\"}},{text:\"/\",color:black},{text:\"false\",color:red,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule showDeathMessages false\"}},{text:\">\n\",color:black},{text:\"randomTickSpeed<\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"芝生ブロックの伝播などランダムティック\"}},{text:\"0\",color:aqua,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule randomTickSpeed 0\"}},{text:\"/\",color:black},{text:\"default\",color:green,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule randomTickSpeed 3\"}},{text:\"/\",color:black},{text:\"1000\",color:red,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"Click!\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/gamerule randomTickSpeed 1000\"}},{text:\">\",color:black}]}","{text:\"\n\",color:black,extra:[{text:\"□giveCommand\n\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"それぞれの名前をクリックで入手。\"}},{text:\"CommandBlock\n\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"コマンドブロック\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/give @p command_block\"}},
{text:\"BarrierBlock\n\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"バリアブロック\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/give @p barrier\"}},
{text:\"ComandBlockMinecart\n\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"コマンドブロック付きトロッコ\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/give @p command_block_minecart\"}},
{text:\"LitFurnace\n\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"燃えてるかまど\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/give @p lit_furnace\"}},
{text:\"RedMushroomBlock\n\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"赤キノコ\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/give @p red_mushroom_block\"}},{text:\"BrownMushroomBlock\n\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"茶キノコ\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/give @p brown_mushroom_block\"}},
{text:\"Spawner\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"豚スポナー\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/give @p mob_spawner\"}}
]}",
"{text:\"\n\",color:black,extra:[{text:\"□summonComand\n\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"通常スポーンしないMobを召還します。\"}},{text:\"ZombieHorse\n\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"ゾンビ馬\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/summon EntityHorse ~ ~1 ~ {Type:3,Tame:1}\"}},{text:\"SkeletonHorse\n\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"骨馬\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/summon EntityHorse ~ ~1 ~ {Type:4,Tame:1}\"}},{text:\"Giant\n\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"ジャイアントゾンビ\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/summon Giant ~ ~1 ~ \"}},{text:\"PowerdCreeper\",color:black,hoverEvent:{action:'show_text',value:\"帯電クリーパー・巨匠\"},clickEvent:{action:'run_command',value:\"/summon Creeper ~ ~1 ~ {powered:1}\"}}]}"]}


※召還できるスケルトン馬を「手懐けている」状態に修正

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by 栗須と! » 2015年7月31日(金) 21:17

《右クリックすると何かが起こるアイテム“改”》

私がコマンドを使うことに夢中に成り始めたきっかけが、マポアンさんのブログのコマンド解説です。
彼が紹介しているツールで今はコマンドのほとんどをそれで作っています。
そんな彼の解説しているコマンドギミックの一つを部分的に改造します。
「アイテムを右クリックすると何かが起こる」と言う題で、ツール類などのように使うことでscoreboardのstat.useItemに自動的に加算しない、
通常右クリックでは何も起こらないアイテムを右クリック時に「時間が変わる」などのコマンドを実行するギミックをつくるというものです。
記事の中では透明(且つ取引内容が無い)村人を常時プレイヤーの座標にテレポートし、右クリックしたときscoreboardのstat.talkedToVillagerに加算することで
コマンド実行に繋げていました。この村人をテレポートするコマンドを作る(些細な)作業が面倒という人(自分だ)のために使うアイテムに変更をくわえます。

コード: 全て選択
/give @p minecraft:spawn_egg 1 49


このコマンドで出せるスポーンエッグ(メタデータを変更しただけ)からは何もMobが生まれません。
しかし右クリックすると、何も起こらないにもかかわらず、scoreboardのstat.useItem.spawn.eggの値が増えます。消費もしません。
あとは上のとおりスコアボード値を使ってコマンドの実行に繋げます。
使うアイテムの見た目が卵でも良い。他にスポーンエッグを使う予定は無いのだったらこれを使うのもありでしょう。
床に対して使うなどの制限は付きます

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by 栗須と! » 2015年7月31日(金) 19:12

《サバイバルで無限アイテム》

 このトピックで書き続けていますが、先日「質問プレイ全般」の「コマンド・NBTの質問トピック」全27ページを流し読みしてきました。
その中に個数を「−1」にすると無限に使用できる雪玉が作れる紹介があったので、注目してみました。
GIveコマンドで出そうとする場合「−1」は「入力した数値(−1)は小さすぎます」と出て失敗します。が
アイテムいりのチェストを設置するときに中のアイテムの個数を「−1」することで入手することができます。
数が無限のアイテムはそれだけでゲームバランスの崩壊を招きそうですが、雪玉のダメージ自体が小さくあまり問題になりません。
ブロックは無限設置できますが、スカイブロックなどではkeepInventoryをtrueにしておかない限りすぐに失くすのでまた無問題。
面白いのはこのアイテムをつかうと「-1」からさらに数が減り続けること。testforでもアイテムの数がマイナスの場合も検知するので、
〜個使った時点でペナルティなんてのも出来そうなんです(実際にはスコアボードをつかいますが)
今回は自分で見つけられた場合ではありませんがMInecraftのシステムに隠されている不思議アイテムの存在は面白いですよね。
アイテム個数やメタでータを変えるだけのように思えますが、上記のgiveコマンドでは出せないように発見できるかどうかは判らないため
これを見つけた方は凄いと思います!

コード: 全て選択
/setblock ~ ~1 ~ minecraft:chest 2 replace {Items:[{Slot:13,id:snowball,Count:-1}]}


コード: 全て選択
/testfor @p {Inventory:[{id:minecraft:snowball,Count:-5}]}

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by ookiikuma » 2015年7月31日(金) 18:25

wolf_0910 さんが書きました:栗須と!さんookiikumaさん、丁寧な解説ありがとうございました!!。
無事に組むことが出来ました…!!

某ゾンビゲームに出てくるような、エンブレムをくぼみ(額縁)にはめるとドアロックが解除される仕掛けがどうしても作りたかったんです…(笑)


ありがとうございました!

いやいや、手打ちなので動くかわからなかったので動いたようでよかったです。

Re: アドベンマップなどを作る時に使うテクニックを紹介し合いましょう!

投稿記事 by wolf_0910 » 2015年7月31日(金) 17:55

栗須と!さんookiikumaさん、丁寧な解説ありがとうございました!!。
無事に組むことが出来ました…!!

某ゾンビゲームに出てくるような、エンブレムをくぼみ(額縁)にはめるとドアロックが解除される仕掛けがどうしても作りたかったんです…(笑)


ありがとうございました!

ページトップ

x