【1.7.10】12桁高速レッドストーン計算機

あなたのワールドや建築物を他のユーザーに自慢しましょう!
  • (PostNo.306179)

【1.7.10】12桁高速レッドストーン計算機

投稿記事by kawaridanex » 2017年8月12日(土) 11:58

YouTube等にて公開しているレッドストーンを利用した加算、減算およびそれらの混合連続計算が可能な計算機です。
入力操作部と計算結果を表示する7セグメント表示盤が離れているので、バニラの描画距離ではちょっとギリギリかもしれません。Optifine等の導入を推奨します(導入しなくても動画のように少しかすむだけで結果は読めます)。あと、いくつかの高速化技術を使ったために回路規模が非常に大きいため、PCにはそれなりのスペックが要求されます(core i7 6700K,GTX1070のパソコンでもややカクつく)ので、軽量化の面でもOptifine導入推奨です。


☆操作マニュアル☆
1.出力結果が0であることを確認。0でない場合は左側の「AC」レバーを3~4秒程度onにして初期化。
2.お好きな数値を入力。ただし、必ず押したボタンが戻ってから次のボタンを押すこと。出力結果が入力した値と合っているか確認して、もし異なっているときは手順1に戻って初期化。
3.左側の制御ボタンのうち、「+」か「-」のいずれかのボタンを操作
4.出力結果が0になったら、2つ目の入力値を打ち込む。打ち込み終わったら、出力結果が入力値と一致していることを確認する。もし違っていた場合は、またはじめの手順1からやり直し
5.最後に左側の「=」ボタンを押す。間もなく計算結果が表示される。
6.連続計算する場合は、手順3からの操作を繰り返す。
7.クリアする場合は「AC」レバーを3~4秒程度操作。特に出力結果がマイナスの値のときは回路の仕様的にクリアに時間が掛かるので、レバーを長めに操作。

こう書いていますが、ボタンが戻ってから次のボタンを押すように注意すればエラーはおこらない(はず)です。
あと、計算結果がマイナスになるときは回路の内部処理で10の補数を取って変換しているので、加算の倍近い時間が掛かります。


導入している高速化技術
キャリー先見加算器(CLA),キャリー選択加算器,(回路最適化)

動画(YouTube版)
添付ファイル
QRC-12.zip
(4.02 MiB) ダウンロード数: 283 回
kawaridanex
ID:2019d8ee
水から上がったとこ
 
記事: 1
登録日時: 2017年8月12日(土) 11:08

Return to 地形/建築物紹介

x