【1.8.x】バグ?なぜか動くT-FF回路

レッドストーン回路、ピストン、新要素など技術紹介や検証などで盛り上がろう!
  • (PostNo.227551)

【1.8.x】バグ?なぜか動くT-FF回路

投稿記事by まさっく » 2015年4月15日(水) 00:26

私の個人的な写真をある専用のサイトにスクショを張っておきましたので、こちらから見てください。その内コチラに写真を張りますので、その間は我慢していてください(殴)→http://masacgazo.web.fc2.com/1bugtff1.html

一応どんなものかざっと説明しますと、幅1ブロックで、ドロッパー2つを向い合せにしているものが含まれています。

感想や意見はこのトピにご返信ください。
I have nothing to write here X(
アバター
まさっく
ID:92a09bfe
大工さん
 
記事: 59
登録日時: 2014年12月21日(日) 14:11
お住まい: 日本

  • (PostNo.228084)

Re: 【1.8.x】バグ?なぜか動くT-FF回路

投稿記事by テツヤ教授 » 2015年4月18日(土) 15:12

実際に作って動作させてみましたがたぶん仕様だと思われます。
正確に書くなら「BUDの挙動」だと思われます。
頼む、質問する時は最低限
viewtopic.php?f=5&t=999
ここは読んでくれ。
テツヤ教授
ID:c328befc
レッドストーン掘り
 
記事: 501
登録日時: 2012年5月24日(木) 18:05

  • (PostNo.228092)

Re: 【1.8.x】バグ?なぜか動くT-FF回路

投稿記事by まさっく » 2015年4月18日(土) 16:18

テツヤ教授 さんが書きました:実際に作って動作させてみましたがたぶん仕様だと思われます。
正確に書くなら「BUDの挙動」だと思われます。


なるほど!!
やはりドロッパーにもBUDの能力(?)があるんですねw
上部のブロックにレッドストーン入力があるかないかでBUDってるんですかね...
I have nothing to write here X(
アバター
まさっく
ID:92a09bfe
大工さん
 
記事: 59
登録日時: 2014年12月21日(日) 14:11
お住まい: 日本

  • (PostNo.228105)

Re: 【1.8.x】バグ?なぜか動くT-FF回路

投稿記事by テツヤ教授 » 2015年4月18日(土) 17:18

お察しの通り「レッドストーンパウダーが撒かれたブロック」の状態を検知しているものと思われます。

実験として
2015-04-18_16.45.55.png

このような回路を組んで検証しています。
※ドロッパーは向かい合わせで中身は任意のアイテム1つだけ

普通にボタンを押した時は「左側のレッドストーンランプ」が点灯しますが
1度ボタンを押し、「ボタンが戻ってからトーチが再度ONになるまでの間」に
再度ボタンを押すと「右側のレッドストーンランプ」が点灯します。

【ドロッパーの挙動について】
向い合せたドロッパーがリピーター経由でレッドストーン信号を受け取った場合、
リピーターで信号を受け取ったドロッパー→リピーターで信号を受け取ったドロッパーの隣のドロッパー
の順で動作します。

わかりやすい例


そしてドロッパーはBUDを検知すると「動作ON状態のまま」になります。※条件によりOFF状態を維持するBUDも存在しますが便宜上ON状態維持とします
その為今回のT-FF回路の挙動は
「本来"下ドロッパー(初期状態)→上ドロッパー→下ドロッパー"とアイテム移動するはずがBUD検知により上ドロッパーがすでに動作ON状態である為、
上ドロッパーにアイテムが留まりコンパレーター検知によってトーチがOFFになる」

「コンパレーター検知によりトーチがOFFになっている為レッドストーンパウダーもOFF状態になっている為BUD状態が解除され本来の順番でドロッパー内のアイテム推移が行われ、
ドロッパー内にアイテムがなくなった為コンパレーター出力OFF→トーチONとなる(同時にレッドストーンパウダーもONとなって再度BUD状態になる)」
が交互に起きているものと思われます。
頼む、質問する時は最低限
viewtopic.php?f=5&t=999
ここは読んでくれ。
テツヤ教授
ID:c328befc
レッドストーン掘り
 
記事: 501
登録日時: 2012年5月24日(木) 18:05

  • (PostNo.229349)

Re: 【1.8.x】バグ?なぜか動くT-FF回路

投稿記事by ゲスト » 2015年4月26日(日) 23:05

h1タグの使い方が好ましくないです。h1タグは本来見出しに使われるべきものですので。
ゲスト
ID:b5492b68
 

  • (PostNo.229355)

Re: 【1.8.x】バグ?なぜか動くT-FF回路

投稿記事by まさっく » 2015年4月26日(日) 23:35

ゲスト さんが書きました:h1タグの使い方が好ましくないです。h1タグは本来見出しに使われるべきものですので。


このように目に留まることを狙っていたのです。
自分がT-FF回路を発見したことをアピールするより「既存かどうかを確かめなければいけない」と考えた結果があれです...
I have nothing to write here X(
アバター
まさっく
ID:92a09bfe
大工さん
 
記事: 59
登録日時: 2014年12月21日(日) 14:11
お住まい: 日本

  • (PostNo.229358)

Re: 【1.8.x】バグ?なぜか動くT-FF回路

投稿記事by まさっく » 2015年4月26日(日) 23:42

テツヤ教授 さんが書きました:お察しの通り「レッドストーンパウダーが撒かれたブロック」の状態を検知しているものと思われます。

実験として
2015-04-18_16.45.55.png

このような回路を組んで検証しています。
※ドロッパーは向かい合わせで中身は任意のアイテム1つだけ

普通にボタンを押した時は「左側のレッドストーンランプ」が点灯しますが
1度ボタンを押し、「ボタンが戻ってからトーチが再度ONになるまでの間」に
再度ボタンを押すと「右側のレッドストーンランプ」が点灯します。

【ドロッパーの挙動について】
向い合せたドロッパーがリピーター経由でレッドストーン信号を受け取った場合、
リピーターで信号を受け取ったドロッパー→リピーターで信号を受け取ったドロッパーの隣のドロッパー
の順で動作します。

わかりやすい例


そしてドロッパーはBUDを検知すると「動作ON状態のまま」になります。※条件によりOFF状態を維持するBUDも存在しますが便宜上ON状態維持とします
その為今回のT-FF回路の挙動は
「本来"下ドロッパー(初期状態)→上ドロッパー→下ドロッパー"とアイテム移動するはずがBUD検知により上ドロッパーがすでに動作ON状態である為、
上ドロッパーにアイテムが留まりコンパレーター検知によってトーチがOFFになる」

「コンパレーター検知によりトーチがOFFになっている為レッドストーンパウダーもOFF状態になっている為BUD状態が解除され本来の順番でドロッパー内のアイテム推移が行われ、
ドロッパー内にアイテムがなくなった為コンパレーター出力OFF→トーチONとなる(同時にレッドストーンパウダーもONとなって再度BUD状態になる)」
が交互に起きているものと思われます。




やはり挙動はそうなっていたんですね!w
詳しいご解説誠にありがとうございましたm(_ _)m
I have nothing to write here X(
アバター
まさっく
ID:92a09bfe
大工さん
 
記事: 59
登録日時: 2014年12月21日(日) 14:11
お住まい: 日本

  • (PostNo.229364)

Re: 【1.8.x】バグ?なぜか動くT-FF回路

投稿記事by King(qpwakaba) » 2015年4月27日(月) 00:01

まさっく さんが書きました:
ゲスト さんが書きました:h1タグの使い方が好ましくないです。h1タグは本来見出しに使われるべきものですので。


このように目に留まることを狙っていたのです。
自分がT-FF回路を発見したことをアピールするより「既存かどうかを確かめなければいけない」と考えた結果があれです...


トピックとは関係ないですが、、
文字を大きくする場合はスタイルシートを使いことが望ましいとされています。
(そもそも h1はみだしですしね。 文章構成的に 「これです↓」とかが見出しはおかしいと指摘されてもおかしくはないかな?)

本来は olタグを使ってリストにするべきですね。
以下サイン
調べて見つからないことを質問して、「そのくらい調べろ」と言われたら それは調べが足りないとき。

投稿画面のBBコード挿入ボタン を追加するユーザースクリプト作りました。良かったらどうぞ。
https://greasyfork.org/ja/scripts/18657
最大描画距離を64チャンクまで伸ばすMod作ってます。
viewtopic.php?t=30697
アバター
King(qpwakaba)
ID:18697277
ダイヤモンド掘り
 
記事: 819
登録日時: 2013年3月26日(火) 10:25


Return to テクニック研究/紹介

x