スポーンチャンクの測り方

レッドストーン回路、ピストン、新要素など技術紹介や検証などで盛り上がろう!
  • (PostNo.296461)

スポーンチャンクの測り方

投稿記事by midorinohito » 2017年2月22日(水) 21:02

配布ワールドや、トラップタワーを作る時に便利なスポーンチャンクの測り方を説明します。
説明に入る前に知らない方へ紹介します
-スポーンチャンクとは-
スポーンチャンクは離れていても読み込まれるチャンクの事です。
例えば、そのチャンク内だとどれだけ離れていても、アイテムが5分後に消滅します。
おそらく13×13の範囲がスポーンチャンクかと検証して分かりました。

-測り方-
それでは測り方に入りましょう

まず初期スポーンを知りましょう
コンパスで差された方向に行きます。
そこで一歩歩いたらコンパスが回転する
場所を見つけます。そこの2×2が初期スポーンですが、確実にそこにスポーンするわけではありません。
そこからF3+Gで13×13の範囲に線を引くなりして分かりやすくしていいです
もし測りたいという人がいるならここに書いておくのでこれを読んでやってみてください
四つの端の13チャンクに入ってる2チャンクと
13チャンクから出てる2チャンクにアイテムを捨てます。
そしてそれが描画されないところで5分待ちます。そして戻り、捨てたアイテムが消えていたら
そこの範囲がスポーンチャンクです。

今回参考にさせて頂いた動画

これの動画には1.8とありますが、私が検証したところ1.11.2でもこの測り方で出来ました。
変な配布ワールドを作った人です

配布ワールドを作っては失踪の繰り返しの自称コマンダーです
midorinohito
ID:3d388869
石炭掘り
 
記事: 183
登録日時: 2016年9月07日(水) 19:29
お住まい: あなたの後ろ

Return to テクニック研究/紹介

x