【更新!】日本語MOD未導入でも日本語を使えるようにするソフト

開発したツールの公開や、見つけたツールの紹介などはこちらでどうぞ!
  • (PostNo.300357)

Re: 【更新!】日本語MOD未導入でも日本語を使えるようにするソフト

投稿記事by kouyahonoru1 » 2017年4月12日(水) 13:46

追記
1.11.2 Forge入り
Windows10 home 64bit
動作確認完了。
動きました。
サイン Minecraft等で遊ぶ彷徨う旅人です。
好きなMinecraftキャラはゾンビとクリーパーとスケルトン。
結構ネタでも真面目に考えたりします。
なお、匠(クリーパー)とゾンビが多めだったりする。
アバター
kouyahonoru1
ID:b1c6f721
木を殴ってる
 
記事: 20
登録日時: 2017年1月02日(月) 22:22

  • (PostNo.303664)

Re: 【更新!】日本語MOD未導入でも日本語を使えるように するソフト

投稿記事by mokkun » 2017年6月18日(日) 08:45

System.Configuration.ConfigurationErrorsException: 構成システムを初期化できませんでした。 ---> System.Configuration.ConfigurationErrorsException: 認識されない構成セクション userSettings です。 (C:\Users\もっくん\AppData\Local\suei&takemae\MCJPISS2.exe_Url_zblnterjtbqrmfdryzcjdt315sz3yqbh\1.0.0.0\user.config line 3)
場所 System.Configuration.ConfigurationSchemaErrors.ThrowIfErrors(Boolean ignoreLocal)
場所 System.Configuration.BaseConfigurationRecord.ThrowIfParseErrors(ConfigurationSchemaErrors schemaErrors)
場所 System.Configuration.ClientConfigurationSystem.OnConfigRemoved(Object sender, InternalConfigEventArgs e)
--- 内部例外スタック トレースの終わり ---
場所 System.Configuration.ConfigurationManager.PrepareConfigSystem()
場所 System.Configuration.ConfigurationManager.RefreshSection(String sectionName)
場所 System.Configuration.ClientSettingsStore.ReadSettings(String sectionName, Boolean isUserScoped)
場所 System.Configuration.LocalFileSettingsProvider.GetPropertyValues(SettingsContext context, SettingsPropertyCollection properties)
場所 System.Configuration.SettingsBase.GetPropertiesFromProvider(SettingsProvider provider)
場所 System.Configuration.SettingsBase.GetPropertyValueByName(String propertyName)
場所 System.Configuration.SettingsBase.get_Item(String propertyName)
場所 System.Configuration.ApplicationSettingsBase.GetPropertyValue(String propertyName)
場所 System.Configuration.ApplicationSettingsBase.get_Item(String propertyName)
場所 MCJPISS2.My.MySettings.get_ONOFFKeyID()
場所 MCJPISS2.Form_Main.ONOFFKeyset()
場所 MCJPISS2.Form_Main.Timer1_Tick(Object sender, EventArgs e)
mokkun
ID:e651e99f
 

1つ前へ

Return to ツール 公開/紹介

x