マイクラの世界観・背景設定を考える

ゲーム全般の雑談はこちらでどうぞ!
  • (PostNo.311070)

Re: マイクラの世界観・背景設定を考える

投稿記事by ゾンビ » 2017年12月06日(水) 16:59

・ソウルサンド
地獄(ネザー)に送られた死人の魂の塊。
生きている者たちを妬み、上を歩く者の足を遅くする。

・ウィザースケルトン
地獄に送られた死人。
強力な怨念を持っており、生きた人間を殺すことしか考えることができない。

・ウィザー
ソウルサンドを媒体とし、ウィザースケルトン(の頭蓋骨)が覚醒したもの。
強力な怨念の塊であり、生きるもの全てに敵対し攻撃する。

・ネザースター
強大な怨念を纏ったウィザーの魂が凝縮され結晶化したもの。
日光に照らされると、ゾンビやスケルトンが日光で焼けるのと同じ原理で強力なエネルギーを生み出す。

・ビーコン
上にある原理で強力なエネルギーを生み出し、それを利用して人間に魔力を付与する機械。
より強い効果を得るためには魔力を維持できる大きな土台が必要。

以上妄想でした
ゾンビ
ID:4ceeaf57
水から上がったとこ
 
記事: 2
登録日時: 2016年8月17日(水) 21:08

  • (PostNo.316065)

Re: マイクラの世界観・背景設定を考える

投稿記事by むゅむゅ » 2018年4月25日(水) 16:54

■宙に浮いたブロックについて
おそらくマイクラ世界は、天空の城ラピュタに登場した「飛行石」が
実在しているものとして暗黙設定されていると考えられる。
時々、力学的にありえない形状の地形が崩壊も起さず安定していることや、
果ては空中に堂々と飛行する地形などが実在していることから、
土中の岩石に天然の飛行石成分が含まれており、
それが何らかの理由により魔力が供給されて稼働し、地形を宙に浮かせていると考えるのが自然だ。

飛行石実在を示すきわめつけの証拠が、
村人が一定数以上になると神父だか司書だかが生産する人型自動防衛システム「ゴーレム」だ。
ラピュタに登場した護衛ロボットと瓜二つなのが、この説が極めて信憑性の高い事実であることを示唆している。
ゴーレムの生成技術は、かつて天空城を築くまで発展した飛行石文明の名残であり、
学を持つ司書や神父のみが細々と継承している。

スティーブや一般村人は、純度の高い飛行石を人工的に作り出す方法をまだ知らないようで、
無節操に石を削って丸石に変える途上で空気中に触れさせ、飛行石成分を無力化してしまっている。
だが、一部の神を信仰すれば(MODを導入すれば)、飛行石本来の能力を引き出す魔法力学を習得でき、
自由に宙を歩き回ったり、飛行石テクノロジーを用いた大量物資輸送可能な飛行機械を作り出すことが可能だ。
一部の並行世界(マルチサーバー)では、これにより現代地球並みの高度な文明を発展させており、
飛行石テクノロジーの兵器転用なども行われている。

それらは戦闘ヘリや航空機、果ては人型のパワーローダー(モビルスーツ含む)など、
我々の世界の兵器と酷似した形状だが、動力は内燃機関ではなく、飛行石を用いた魔力稼働式と推測される。
少なくともTNTキャノンや、クロック回路を用いた連射式ディスペンサー砲などは、
レッドストーンの魔力で稼働していることが通常世界でも確認されている。
むゅむゅ
ID:2b422805
 

1つ前へ

Return to 雑談全般

x